デザイン

住宅街に馴染みながら、存在感を語る佇まい。

時代を超えて風格を物語る、邸宅の構え 歴史ある本計画地との調和を図り、時代の変化に色あせない外観デザインを目指しました。洗練された塔状フォルムがまとうのは、周囲に馴染むアースカラーの外壁タイルと爽快なガラス手摺のコーディネート。さらに、水平ラインを強調する意匠性のある床スラブや、垂直ラインを強調する上層部のマリオンで立体感を持たせました。それらを引き締める要素として基壇部には黒御影石を採用し、邸宅の構えにふさわしい高級感を演出しています。

MATERIAL

住まう歓びを映した素材の妙。 ストライプを施して陰影を描くタイルによって、外観に品格ある表情を創出。また、なめらかな光沢の美しい黒御影石による重厚な基壇部と、モダンな印象を醸し出すバルコニーのガラス手摺とを巧みにコーディネート。城下の落ち着きと都市の洗練、その双方を享受できる暮らしを外観美へと昇華させています。

上質な時を予感させる、邸宅へのプロローグ。 ENTRANCE APPROACH

エントランスアプローチ完成予想図

城塀をイメージした石積みのアプローチ。 ここに住まうことの誇りと歓びを、ご帰宅のたびに感じていただきたい。そんな思いのもと、アプローチのしつらえにこだわりました。城塀をイメージしたサビ石切り出しの壁とボーダー状の石貼りの壁で構成。時の流れと歴史の重なりをさりげなく感じさせながら、住まう方を、訪れる方を、邸宅の奥へといざないます。

和のモダニズムが出迎える、寛ぎの迎賓空間。 ENTRANCE HALL

エントランスホール完成予想図

木調の優美さに抱かれるエントランスホール。 姫路城にほど近い邸宅にふさわしいエントランスとして、モダンな中にもセピアの風景が浮かぶような、あたたかみと洗練の調和する空間をデザインしました。壁は木調格子と杉の木目を写し込んだコンクリート、天井は目地を深く入れた木調天井と、木目の美しさを表現した素材をメインに採用し、住まう方をやさしく出迎えます。さらに、床とアイストップにモノトーンのテクスチャーを用いることで空間を引き締め、格調高いコントラストを描いています。

WALL ART 風雅な趣きで住まう方をもてなすウォールアート。 アイストップは光沢のあるモノトーンのタイルをベースに、城の堀の水面をイメージした波打つリブによるウォールアートを施しました。間接照明に照らされて風雅な趣きを醸し出し、この先に待ち受ける上質なプライベートタイムを予感させます。

エントランスホール(ウォールアート)完成予想図

LAND PLAN 南北2方接道、全邸南向きの快適なランドプラン。 南北に接道する立地を活かして、全邸を南向きにレイアウト。それぞれの住まいに光と風を贅沢に採り入れます。さらに、ワンフロア3邸(1階を除く)、角住戸率約69%を実現。プライバシーを守りながら、快適な暮らしを支えます。また、車を北側からの、歩行者を南側からの出入り口とした歩車分離設計で、敷地内の安全性に配慮。万一の際の備蓄品を準備した防災倉庫、敷地内にペット足洗い場も備え、永く心地よく住まうための気配りが行き届くプランニングとしています。

ランドプラン イメージ図

※掲載の完成予想図は設計図書を基に描いたもので、官公庁の指導または施工上の都合により外構・形状・仕様・仕上・植栽・色彩等に変更が生じる場合があります。また給気口・排気口・配管・樋・避難ハッチ等の設備等は表現しておりません。

※電柱・街灯・周辺の建物を省略または一部を透かして描いている他、周辺の建物・街並および植栽・敷地の内外に敷設される電線・変圧器等は実際とは異なります。尚、竣工時の植栽は完成予想図程度には成長しておりません。予めご了承ください。

↑このページの先頭へ
来場予約
資料請求

ロケーション紹介 スペシャルショートムービー