設備仕様

大切な家族と資産を守る、信頼の建物構造。

劣化対策等級の最高ランク取得の信頼性。 耐久性に優れた構造の採用により、「劣化対策等級」の最高ランク等級3の基準をクリア。おおむね75~90年の耐久性レベルと言われ、構造躯体等の劣化を少なく保ちます。

ベタ基礎構造 敷地の浅い層に強固な支持地盤があるため、杭を必要としないベタ基礎構造を採用。面全体で建物を支えることで、耐震性を高めます。

溶接閉鎖型せん断補強筋 住棟本体の柱の主筋を取り巻く外周帯筋には、溶接閉鎖型せん断補強筋を採用。地震の揺れや建物のねじれに粘り強い構造をつくります。※一部除く。

コンクリートのかぶり厚 住棟本体の鉄筋を包むコンクリートのかぶり厚を、建築基準法に定められた数値より約10mm厚く設定。鉄筋の錆びを抑制し、コンクリートの破損を防ぎます。※一部除く。

対震枠の玄関ドア 玄関ドアの枠と扉の間に隙間を設けることで、地震の揺れが引き起こすドア枠の歪みにより、扉が開かなくなる事態を軽減する対震枠付の玄関ドアを採用しています。

壁厚 妻側外壁厚は約180mm(一部を除く)、住戸間戸境壁の鉄筋コンクリート厚も約180mmに設定しています。※一部除く

ダブル配筋 住棟本体の外壁と戸境壁のコンクリートの中には、鉄筋を縦・横2列にくみ上げるダブル配筋を採用しました。1列のシングル配筋と比べて、高い強度と耐久性を実現します。※バルコニー手摺等一部除く。

ボイドスラブ工法 床を約230mm~約275mmのボイドスラブによって支える工法です。従来工法に比べて小梁がなく、より広々とした空間を実現します。※段差スラブ部分、2階のD・E・Fタイプのスラブを除く。

開口部補強筋 妻側外壁の開口部周囲のひび割れに配慮し、窓などの開口部の周辺4隅に補強筋を採用しました。※一部除く

T-2サッシ T-2等級のアルミサッシを採用。T-2等級とは、JIS規格で規定されたサッシの遮音性能を示す数値で、30dBの低減効果が期待できます。

住宅性能評価書 マンションの性能を第三者機関の目を通して客観的に確認できる住宅性能表示制度を導入しています。本件では「設計住宅性能評価書」を取得予定。また、竣工時には「建設住宅性能評価書」を取得する予定です。

フルフラット設計 廊下から居室、洗面室や浴室への出入り口にも床段差をなくしたフルフラット設計。安全に暮らせる住まいをめざしました。

↑このページの先頭へ